既婚者の文字が粉々に砕け散った瞬間

737

私たちは一旦離れると、今のキスが現実の出来事だったと再確認するかのように、闇を透かして互いに顔を見交わしました。

黒いドレスをまとったAの顔が闇のなかにぼうっと浮かんでみえます。画家の宿命か私は、頭の中でその顔をスケッチしだしました。

彼女がこちらに迫ってきて、その胸が私の胸板にやわらかくおしつけられました。

私は彼女をだ抱きよせるとふたたび今度はもっと激しく唇と唇を重ねあいました。

そのとき庭の外のどこかで、かすかな物音がしました。

私たちはここが庭先だということを思い出すと、すぐにアトリエの中にもどりました。

そして長椅子の上を片付け、黒いソファの上に横たわると、テレピン油の匂いにとりかこまれながら、二人は男女の関係になったのでした。

ソファの上で私は目をさましました。窓の外はすでに明らんでいます。時計は8時をさしていました。

窮屈な姿勢を長く続けたせいか、体の節々が痛みました。

Aはどこへいったのか、アトリエ内にその姿はみあたりません。

ここには隣に小さな部屋が設けられていて、あるいはそこにいるのかもしれませんでした。

私はソファに足を投げ出して座りなおすと、昨夜の出来事をふりかえろうとしました。

しかし、目覚めたばかりの頭によみがえるものといえば、髪をふりみだした彼女の顔や、激しく躍動するその白々とした肌の輝きなどの断片的な光景だけでした。

Aには夫がおり私には妻がいます。

その関係がガラスのように粉砕され飛び散ったかけらのひとつひとつにそれらの光景が鏡のようにうつしだされるのを私は想像の中で思い描きました。