既婚者の文字が粉々に砕け散った瞬間

737

私たちは一旦離れると、今のキスが現実の出来事だったと再確認するかのように、闇を透かして互いに顔を見交わしました。

黒いドレスをまとったAの顔が闇のなかにぼうっと浮かんでみえます。画家の宿命か私は、頭の中でその顔をスケッチしだしました。

彼女がこちらに迫ってきて、その胸が私の胸板にやわらかくおしつけられました。

私は彼女をだ抱きよせるとふたたび今度はもっと激しく唇と唇を重ねあいました。

そのとき庭の外のどこかで、かすかな物音がしました。

私たちはここが庭先だということを思い出すと、すぐにアトリエの中にもどりました。

そして長椅子の上を片付け、黒いソファの上に横たわると、テレピン油の匂いにとりかこまれながら、二人は男女の関係になったのでした。

ソファの上で私は目をさましました。窓の外はすでに明らんでいます。時計は8時をさしていました。

窮屈な姿勢を長く続けたせいか、体の節々が痛みました。

Aはどこへいったのか、アトリエ内にその姿はみあたりません。

ここには隣に小さな部屋が設けられていて、あるいはそこにいるのかもしれませんでした。

私はソファに足を投げ出して座りなおすと、昨夜の出来事をふりかえろうとしました。

しかし、目覚めたばかりの頭によみがえるものといえば、髪をふりみだした彼女の顔や、激しく躍動するその白々とした肌の輝きなどの断片的な光景だけでした。

Aには夫がおり私には妻がいます。

その関係がガラスのように粉砕され飛び散ったかけらのひとつひとつにそれらの光景が鏡のようにうつしだされるのを私は想像の中で思い描きました。

ヨガ教室で知り合った女性たちは、心も体もしなやかでした

yoga

女性との出会いを求めるにはやはり、女性がたくさん集まる場所に出かけるに限ると思った僕は、いろいろ探したあげく、思い切ってヨガ教室に入会することにしまた。
教室には女性が八割、あとはメタボ予防のためにきている中高年男性という編成でした。

実はヨガには以前から関心があり、家にも何冊かの入門書があるぐらいで、
ヨガ教室に通うのは必ずしも思いつきばかりではなかったのです。
教室には十数人の生徒たちがビルの二階の教室で、日曜の午前から一時間半ヨガを練習するわけです。
幸いなことにここには、独身の女性が多くいて、僕の周囲でも若い女性たちが引き締まった体をそりかえらせたり、丸めたりしています。
僕が最初に声をかけたのは、まだ練習の効果が十分あらわれてないよくふとった女性で、とても優しい性格で不慣れな僕に色々助言してくれたのも彼女でした。

彼女はまた、練習が終わると仲のいい女性たちと近くのカフェによっておしゃべりをするので、いっしょにどうですかと誘ってくれました。

願ってもないことに、僕はよろこんで
彼女についてカフェに行きました。

独身者ばかりかと思ってたら、年配の女性や男性もまじっていましたが、もちろん独身の女性たちもいて、僕は彼女たちとも言葉を交わすことができました。心身ともにリラックスするヨガを続けている彼女たちはみな、体だけでなく精神も同様軟らかくしなやかで、いっしょにいてとても気持がおちつきました。

一番親しくなったのはあの、ふとめの彼女で、いまではメールをやりとりする間柄になりました。まだまだ先はどうなるかわかりませんが、婚活最初の一歩としては、まずまずのスタートではないでしょうか。

今まさに恋におちようとしている二人

dddd

一週間後、この前、雨の日に言い交した時刻に例のカフェに入ってみると、外からは見えない奥の席に彼女は待っていて、私を認めて嬉しそうに手をふってみせました。
「やあ」「また会っちゃった」何かイタズラをした子供のような彼女の口調でした。
あのとき10分あまり言葉を交わしただけなのに、他人からみたらいまの二人はずいぶん親しそうに映ったことでしょう。
「今じぶん呼び出して、ご迷惑じゃなかったですか」「仕事の関係上、午前はあいています」交代制のIT関係の会社に私は勤めていましたが、彼女は別にそこまでたずねようとはしませんでした。

私もまた彼女のプライベートにはふみこまないつもりでいます。今、二人がここで会っている。

それだけで私も、おそらくは彼女も満足だったのです。

二人は既婚者同士でしたが、ここにいるのは今まさに恋に落ちようとしている男と女でした。

「もしよ、もしあたしが、二人だけでどこかに行きたいと言ったら、あなたはどうしますか」

ずいぶん遠回しな言い方をする彼女でしたが、私の一言ですべてをきめようという覚悟がその言葉の裏に感じました。

次の一言はさすがに私も緊張しました。

「日曜日なら、つごうがつくけど」「次の」「うん」彼女は私の言葉をよく味わうかのように、しばらく黙り込んでいました。

「じゃ、次の日曜、時間は」「11時がいいね。車で迎えにいくよ。どこがいい」彼女は予め決めていたのか、即座に山の手の図書館前を言いました。

既婚者同士の恋愛から私が学んだこと

gfffff

今ならば、わかること、ということがあります。

私は、かつて、既婚者でありながら、好きな男性がいました。

同じく相手も既婚者でした。

趣味がゴルフだったことがきっかけで、会社のゴルフサークルに入会した私は、彼とも、最初は同じサークル仲間として、数人の男女と一緒に行動していたのです。

勤務が終わってから、数人で練習に行ったり、休日にはコースを回ったりと、決して2人きりでの行動はなかったのですが、お互いに好みのタイプだったのでしょう、いつしか2人で、練習に行ったり、彼に苦手なところを直してもらったりと、どんどん親密になっていきました。

確かに、恋の始まりは、ドキドキして楽しいものです。

ずっと2人で、一緒にいたいと思ってしまうものです。

お互いのメールアドレスは特別なものになり、なんとなく、こそこそと行動するようになってしまいました。

本当は、ずっと一緒に、仲間たちに囲まれて、淡い感情のままでいたなら、もっともと、長く楽しく、彼と付き合えたのかもしれません。

でも、つい、欲張ってしまったのです。

独占欲と、ただ、会いたいという欲望に負けた私は、彼との2人の時間を欲し、彼に要求してしまいました。

今思えば、そんな愚かな事を、彼が望んだはずはありません。

彼は、周囲にばれてしまう前に、と言って、私に別れを告げました。

私は、ショックのあまり、サークルも会社も、辞めてしまいました。

何も残らなかったのです。

無くしたものは、恋の楽しい想いです。

既婚者を好きになってしまったら、決して多くを望んではいけないのです。

存在だけで、幸せなのです。

挨拶だけで、幸せなのです。

今ならば、そう思います。

必ず守るべき既婚者同士の恋愛のルール

hhff

まずまっさきに浮かぶのは、「休日に連絡は取らない事」、でしょうか。

私と彼は、お互いに既婚者同士と知った上で、この恋愛を秘密裏に続けていくことを選びました。

第二に、メールは残さずに即消去する事。

第三に、お互いの家庭が優先。

お互いに、無理な連絡はしない事。

第四に、もしも会う約束をしていて、待ち合わせの場所にどちらかが来なかったら、諦めて帰る事。

決して、理由を聞く為に連絡したり、いつまでも待つ、などはしない事。

第五に、もしも、家族に怪しまれても、知らぬ存ぜぬを貫く事。

完璧に、周囲に感づかれないように、長い事、ずっとずっと付き合っていこうね、と話し合っているのです。

既婚者なのに、恋愛をする事を選んだ人の中には、あまりに無防備で、無知で、迂闊な人がいます。

もしも、お互いの家族に知られたら、きっと、もう二度と二人は会えなくなります。

同じ会社にいるなら、どちらかが、会社を辞めさせられたり、引っ越しさせられたり、環境を変える事を余儀なくされます。

または、訴訟により、慰謝料請求をされたりして、(実際に支払う事になるかどうかは別ですが、社会的信用を無くしたり、友人を無くしたり)今までの自分の人生に汚点が付く事は免れません。)

こんなリスクを背負いながらも、なぜ、この恋愛を選んでしまうのか、自分でも不思議でなりません。

ハードルがあるから挫折も多い恋愛

13058

 

ハードルが高くなる恋愛は既婚者同士だと思います。子供がいる場合なおさらハードルが高くなると思います。
子供がいる場合は子供を優先に考える人が多いと思います。
子供は親を選べないので自分の幸せだけでなく子供の幸せを考えると思います。
子供がいない場合でも連れ添った期間が長いと情がわきなかなか選ぶことが難しくなると思います。
連れ添った期間が長い家族と新たに恋愛した家族と天秤をかけてしまうことがあると思います。
なかなか、どちらも捨てがたくなると思います。
長く連れ添った家族は愛情や必要があったからこそ長くいられたため捨てきれないと思います。
新たに恋をした家族は今までの家族にないものがあるからこそ惹かれているのだからなかなか諦められないと思います。
この場合はだいたい元の長い期間一緒にいた家族を選ぶ人が多いと思います。
それは長くいた家族のありがたさを知る人が多いからだと思います。
新たに恋をした家族に移る勇気がない人が多いと思います。
やはり長年大事にしていたものを守りたいと思う人が多いと思います。
私でも長くいた家族をとると思います。
なかなか冒険が出来ないでいる人が大半です。
既婚者の恋愛はハードルが高く乗り越えられない人が多いのです。
既婚者同士の恋愛は慎重にしていくものだと思います。

そして崩壊の序曲が私の耳に聴こえてきました

18743

彼女の私に対する打ち込みようが、すでに限度をこえて溢れ出そうとしているのを私は知りました。

彼女の一途すぎる性格は、これ以上突き進めばどうなるかを私に告げていました。まちがいなくどちらもの家族が崩壊するのは目に見えています。

最初に彼女をものにした時点で、私の気持ちはある程度満たされ、以後はあくまで安全地帯での逢瀬をたのしめればと考えていたのです。

ぬるま湯の中で私は既婚者同士の恋愛を思い描いていました。

ところが彼女は私をひとりじめする為には、危険地帯に踏み出すのも厭わない覚悟をきめていたのです。

私はとたんに弱気の虫にとりつかれました。

もう彼女とは会わないでおこうとさえ思いました。

が、彼女とすごしたひとときが、そのとき私のなかで炎をあげて燃え盛りました。

あの喜びをふたたび享楽できたらという欲望が私の中であたまをもたげたのです。

彼女がみせた、女の情念のすべてをさらけだした姿もまるでこういうときのために私のまぶたに焼き付けておいたかのようでした。

私は、いけないとおもいながらも、スマホ画面に彼女のアドレスをとりだしているのでした。

いつもと同じ水曜日の朝、図書館の前で私は彼女を車にのせました。

彼女は私から呼び出されたことに至極ご満悦でした。こんな時の彼女は本当にかわいらしく私の目に映りました。

「このままどこか遠くへ、いってしまいたいわ」いつもの直観で彼女は、私の胸のうちをみぬいていたのでした。

その夜、会社から帰宅した私は、何か家の空気が変なことに気づきました。

いつもなら起きているはずの妻の姿がキッチンにありません。

テーブルにも私の食事は用意されていませんでした。

さらに二人の子供たちもどこにもみあたらなかったのです。

家の中は空っぽでした。

私は妻のスマホに電話をいれました。

いくら呼び出しても、妻は出ませんでした。

私は全く気持ちが理解出来ない派

VER88_kazegahuku15151434-thumb-815xauto-17299

私は不倫が嫌いだし、不倫をするような人間も嫌いだ。

 
結婚というものがその人たちにとって何を意味するのかはそれぞれだろう。

 
例えば夫婦で“うちの夫婦は外での恋愛は自由”とお互いで決めていて公認なのであれば全然問題はないだろう。

 
だがたいていの場合は既婚者同士の恋愛というものは仕事や友人を言い訳に、一生誠実でいると誓った伴侶を欺いてのものだ。

 
そこがたまらなく格好悪くて嫌なのだ。

 
男女間に限らず人を裏切るという行為は人として最低の行為であり、それを平気でやってのける人間に魅力を感じるというのがまた理解出来ない。

 
私は嘘をつく人間よりもつかない人間の方だ好きだ。

 
そして“大事なものは大事なものできちんとキープしておいた上で”という姑息なところも私が不倫が嫌いな理由の一つだ。

 
“自分の家庭を壊す気はさらさらないがおいしい思いはしたい”という嫌らしい考え方に背筋が凍る。

 
人間は何かを隠れてしたり背徳感を感じたりすると気持ちが高まりスリルがあって楽しいような気がする。

 
けれどその錯覚に溺れてしまったが故に不本意にも離婚する事になってしまった人などを見るとばかだなぁと思う。

 
失くさなければ大事なものに気が付かないなんて頭が悪すぎる。

 
まぁ元々頭が良い人は既婚者になってまでも外で恋愛なんてしないのだろうが。

家庭にはない、恋愛感情を求める主婦たちの存在

YUSEI_mansyonkaradetekita15224229-thumb-815xauto-15186私は主婦をしていますが、まわりでも旦那さん意外との恋愛を楽しんでる、お友達は多いです。

 

いったいどこで出会うんだろう?と普通の主婦である私はいつも疑問に思うのですが、
出会いの形も様々なようです。

 

とくに既婚者同士の恋愛、いわゆる「不倫関係」に発展する出会いは主に同窓会での再会が多いようです。

 

学生時代の淡い恋心など、大人になるにつれて薄れていくものですが、再会することでそれが再び燃え上ってしまうのでしょう。

 

数年ぶり、下手したら十数年ぶりに、お互い生活している環境も違い、家庭を持っているはずなのに、、、
そういった事がどうでもよくなってしまうくらい、恋心は燃え上ってしまうようです。

 

思い出は美化される、と言いますから、この再会も何重にもフィルターがかかって綺麗なものに思えてしまう・・のではないかと客観的に見ていて思います。
もうひとつ、既婚者同士の恋愛でよくあるパターンは職場での恋愛です。

 

こちらは「限られた空間」で「一定の時間以上いっしょにいる」ことで、親近感がわき、それが恋愛に発展することが多いようです。

 

いちばんよくあるのが、パートで入った主婦が直属の男性社員と恋仲になってしまうというパターンでしょうか。

 

どちらにしても、旦那さんに芽生えなくなった「恋愛感情」を他に求めたいという女性の欲求を満たすものなのでしょうか。

 

個人的には、お食事やデートにとどめて疑似恋愛風に楽しむ、生活のスパイスくらいに位置付けているなら許容の範囲内かな・・などと思っています。

 

最近は既婚者限定の飲み会などもあるみたいですね。既婚者飲み会大阪

結婚してもずっと恋気分はないから

ebb101688923832f6b4ab6f614012d56

結婚に関してはハネムーンだというのに上手くいかなくて成田離婚とか、スタートしたとしても一年や二年で離婚してしまったなんていうこともある様だ。

 

 
週刊誌とかテレビのエンタメニュースにはこういうことがよくあるから、ごく一般的な認識かなと思うこともあります。

 

ですが庶民レベルで見る限りはそれぞれの家庭は堅実傾向、お互いがオジさんやオバさんになろうとも結婚におさまった以上は変えにくいものですが。

 

 
恋愛気分は数年しか持たないものだと聞いたことがあるし、既婚になったからずっと一人の人に貞操守り続けられるかと言えば、あり得ないとは言い切れないと思う。

 

 
よくよく考えてみれば年数経ていくうちに結婚当初からの考え方や価値観は変化するんだから、家で空気がよどむようなことがあれば気持ちを寄せる人がいても不思議ではない。

 

独身時代より異性に接する機会は増えるし、男性側からすれば性的本能で興味持てる女性は独身女性だろうが人妻さんといえどもいますよね、いいなと思った人がたまたま人妻さんだったというのもありだし。

 

でも既婚同士は家のことが浮かんじゃうから余程の色気でもない限り、セーブかな。

 

 
それに食事したりのデートにも主婦感覚が漂うと気分はよくないですね、主婦としての習慣が馴染んでいるからそれぞれの家の匂いみたいなものが感じられる。

 

熟年層でも恋気分に浸りたいなら独身女性がいいのでは、主婦は逞しいイメージするけど単身で生きてる女性にはか細さとか、家庭にない女性の雰囲気があるから。